KKLロゴ



軽量仮設材のレンタルならKKLにおまかせください

line.gif

HOME > 強風時における足場材の措置について

台風及び強風の予想されるときは下記の対応をお願い致します。


枠組足場

  • ・足場の組立・解体などの作業やその他の作業は強風時には中止して下さい。強風時とは10分間の平均速度が10m以上の風をいいます。 (労働安全衛生規則)
  • ・強風が予想される場合のシート類の取り外しなどの作業時には、墜落のおそれがあるので墜落防止対策を行って下さい。

  • ・台風などの接近時及び通過後には点検責任者を定めて定期的に点検を行って下さい。
  • ・台風などの異常気象については報道等に十分注意して下さい。また、前線の通過などに伴う急激な気象変化や急速に発達した低気圧による局地的な突風への対応にも充分にご注意下さい。
  • シート等の取り外し、または巻き上げる等の処置を行って下さい。
  • 壁つなぎ等を補強する処置を行って下さい。特に枠組の上部や左右の端部に設けた壁つなぎに対して十分な補強を行って下さい。
  • ・建築物より突出している足場に対して控え索や控え材等で補強を行って下さい。
  • 足場上の資材の固縛または撤去する処置を行って下さい。



アルミ朝顔

  • ・朝顔を起こしてフレームをロープで建枠に固定し、FRP製バンノー板を全て取り外して下さい。または朝顔を解体して、FRP製バンノー板を全て取り外して下さい。



ネット・シート類

  • 台風や強風(風速15m/sec.以上)が予想されるときは、ネット・シートを取り外すか、片側を外し横にたぐり寄せメッシュシートがはためかないように固定してください。
  • 強風、大雨、大雪及び中震以上の地震等の後では、垂直ネット及び支持材への取付け部等の異常の 有無について、臨時に点検を実施してください。



パネルゲート・キャスターゲート類

  • 台風などの強風の際には、全開にするかパネルを外すなど適切に対応してください。


  • 防災気象情報
    • こちらからご覧下さい。space.gifya.gif